7月は夜に期待する日?

 

今年はもう半分過ぎてしまいまして、気づけば7月になりましたね。

 

伏見港まつりももうすぐはじまるわけですから、7月という時期にはなにかと期待感やどきどきがそばをくっついて離れないわけです。

 

 

そういやオリンピックがあったなぁなんて思うわけでして、羽生という漢字は全国民が読めまるようになったのではないかと思うほど大人気でした。

 

思いのほか昔のことに感じます。

 

 

その 7/13 伏見港祭りのほかにも 7/20 は懐かしい歌をおもいっきり歌う「懐歌BOX.1」なんてこともはじめますから、たくさんオリンピックにも負けない思い出作りが目白押しなのですよ。

開催期間と準備期間には敵いませんが、わくわくと得られるものに関しては負けないんじゃないでしょうか

 

 

さて、宣伝はこのくらいにして。

 

月ごとに意識することを変えることが今年の私の楽しみでして、

 

4月は「ピンク」 5月は「こども」 6月は「曇り空」

7月は「夜」にしようかと思うのです。

 

というのも、7月入ってから、おまつりがあったり、涼しい夜が恋しくなったり、花火がきれいだったり 夜への意識が自然と傾いてきやしませんか?

 

七夕も夜に出会うわけですし。

 

 

毎日同じことの繰り返しなんてもったいないですから、意識するものを変えてみようという試みです♪

 

 

結構楽しいものですよ。

いつも聞いている曲のメロディでなくベースだけたどったり、

いつも目を見て聞く人の話を、眉にかえてみたり

いつもゆっくり休む時間をせわしなくすごしてみたり。

 

今日は魚介ラーメン、今日は電車でたちっぱ、今日はめがね、今日は500円生活

 

それを1日だけだったり、1週間だったり

楽しい楽しくないを決めるのは自身ですから、やってみてからでいいんですよね♪

 

おー愉快愉快っ

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2